お出かけ

駅ナカで、遊べる学べる走らせる!?「糸魚川ジオステーション ジオパル」

2019.01.04

家族で楽しめる!糸魚川の情報発信基地

鉄道好きはもちろん、家族でも楽しめる「糸魚川ジオステーション ジオパル」。糸魚川各地のお出かけスポットの紹介コーナーや、JR大糸線を走行していた列車、巨大プラレールや糸魚川の街を再現した鉄道ジオラマなどを展示しています。糸魚川駅アルプス口に直結しているので天気の心配もいりません♪

糸魚川の歴史と魅力を伝える拠点

駅直結とはいえ本日は車でお邪魔したので、まずは糸魚川駅の外観からスタート。アルプス口に設置されているレンガ造りのアーチは、かつての「糸魚川駅レンガ車庫」の一部。北陸新幹線延伸工事に伴って解体されたものを、モニュメントとして復元しています。

ジオパルは大きく分けて3つの空間に分かれており、初めに「ジオパーク観光インフォメーションセンター」にお邪魔しました。
観光案内所をはじめ、糸魚川各地の様子が一挙に分かる巨大な地図や、地域の自然や名産品を紹介するパネルが並びます。

懐かしの列車丸ごと“待合室”に

ベンチの前にどん!と鎮座する車体の迫力に圧倒されます。 2010年までJR大糸線で活躍していた「キハ52-156」の実車を使った待合室もありますよ。床には外まで伸びるレールが敷いてあり、イベントの際は野外展示用に移動もできるそう。

運行当時の姿をそのまま残す車内。特に鉄道好きな人は時間を忘れて見入ってしまいそうですが、新幹線や在来線、バスの発着時間がモニターに表示されるのでご安心を。

大人も夢中にさせる巨大ジオラマ

そしてこちらが大人気の「ジオラマ鉄道模型ステーション」!えちごトキめき鉄道やJR大糸線、糸魚川駅周辺の街並みをモデルにしたジオラマが2セット展示されています。その大きさと精巧さに、鉄道ファンならずとも夢中になってしまいます。

見るだけでなく、好きな鉄道模型を運転することができるのも楽しいポイントです。コントローラーも本格的で、画面には車載カメラからの映像が映し出されます。HOゲージとNゲージという2種類のレール規格に合えば、持ち込み走行もできるとのこと!

その他にも、身に着けて記念写真を撮ることができる鉄道グッズ展示コーナーや、小さな子ども向けの遊びスペース、巨大なプラレール展示もあります。地元糸魚川の歴史や鉄道について詳しく、そして熱く教えてくれるスタッフさんにも注目です♪

【マップ】

糸魚川ジオステーション ジオパル

糸魚川市大町 糸魚川駅アルプス口1階

電話
025-555-7344(糸魚川観光協会)
開館時間
・ジオパーク観光インフォメーションセンター、キハ52待合室
 8:30~19:00(7月~9月は8:30〜19:30)
・ジオラマ鉄道模型ステーション
 10:00~18:00(土日祝日は9:00~18:30 
       ※7月~9月の土日祝日は9:00~19:00)
休館日
1月1日
入場料
無料
※ジオラマ鉄道模型ステーションで運転体験をする場合は30分500円(車両持ち込みの場合は200円)
駐車場
施設内
飲食店
自動
販売機
オムツ
交換台
HP
https://www.itoigawa-kanko.net(外部サイト)

※2019年1月4日現在

おすすめ記事